引越し当日と部屋の引き渡しタイミング

引越し当日と部屋の引き渡しタイミング

引越し当日に行うべきことは何?

引越し当日と部屋の引き渡しタイミング

引越しとなると、持っている家財道具や家族構成にもよりますが、とにかくバタバタして落ち着かないものです。

 

ですから事前にやるべきことのリストを作成しておくと計画的に物事が進みますが、一番忙しいとも言える引越し当日にはなにかと予想しなかったことが頻発するものです。

 

引越し当日にチェックしておくべきことについてポイントをまとめてみました。

 

まず荷物についてですが、持ち運び忘れがないか注意しましょう。引越し業者に全て任せるのではなく、自宅のことを一番良く知っている本人がすみずみまで確認する必要があります。ベランダや庭など見落としてしまいがちな箇所を見て、忘れ物がないかを最終確認します。

 

カギについても要注意です。カギは当日までは処理できないことがあるので、当日バタバタしていて転居先に持って行ってしまったということがないよう、意識して保管しましょう。公共料金に関しては引越し当日を節目に集金が行われる場合も考えられるので、クレジットカード払いや口座振替が利用できるのであれば設定しておくとバタバタせずにすむでしょう。

 

引き渡しのタイミング

引越しすることが決まったら、いつ部屋を引き渡すかのタイミングをよく計りましょう。引越し日が決まったら管理会社への連絡が重要です。退去通知を送りますがだいたいの場合1カ月くらい前に行います。その日付までにライフラインや電話などを止める手続きを終えておきましょう。

 

いつまでに行うべきかを誤ると、家賃を今の住居と新しい住居とで重複して払わないといけない可能性も出てきます。契約書を確認していつまでに通知を行うか、自分の場合はどうかを見ておくのが大事です。家賃の支払いに関しては、出ていく月の計算方法が月割なのか日割なのかも見ておきます。

 

日割であれば気にする必要はありませんが、月割なら月末まではその住居で過ごし、月の変わり目で引っ越すようにするなど計画するとムダがありません。また部屋を明け渡しする時の注意点として、管理会社の立ち合いがあります。

 

もし荷物をまとめておくのが遅くなって、当日になって初めて部屋の状態がよく分かるようなというケースでは、目立つ汚れや傷がその時になって発見され、明け渡し後に請求が発生するということもあり得ます。ですから引き渡し日までに公共料金などの手続きはもちろん、一通りの掃除が済んでいるようにします。

 

引き渡しの時はスムーズに物事が運ぶように、引越しの準備は数週間前、可能なら1、2カ月前から行うようにしましょう。