原状回復にかかる費用と敷金

原状回復にかかる費用と敷金

原状回復とは?

原状回復にかかる費用と敷金

引越しをする時は、今住んでいる住居を不動産屋その他の管理会社に引き渡さないといけませんが、その時に大事なのは「原状回復」です。原状回復とは簡単に言えば、住居の状態を、借り始めた時の状態に戻してから引き渡すということです。当時と全く状態が異なっていれば、敷金の返還などに支障が出てしまいます。

 

ですから家のクリーニングも含め、壁や床の修復など家を元通りにすることが大事です。とはいえ100%同じ状態に戻すことは不可能です。例えば畳のお部屋がある場合、その畳を借り始めた10年前の状態に戻すことはできません。では実際の所どの程度まで回復する必要があるでしょうか?

 

実は国土交通省ではガイドラインを作成していて、それによると「借主の居住によって発生する建物の価値が減少する場合、借主の故意、過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」が定められています。

 

つまり人が普通にお部屋に住んでいる場合に予想されるような劣化については、借主ではなく貸主が負担するということです。畳の色が劣化したなどというレベルは人が住んでいれば時間と共に自然と起こることです。何かのミスで焦がしてしまったというものとは異なります。ですから特に目立つ破損がなければあまり気にする必要がありません。

 

しかし借りた側の明らかなミスであればやはり責任が生じます。同じガイドラインによれば、雨や飲み物で物をぬらしてダメにしたとか、その時に対策を講じなかった場合などは借主の責任としています。またよくありがちなお部屋の壁の穴(くぎ打ちや画鋲によるものなど)も、範囲が広くて深いといった状態であれば借主が負担しなければなりません。

 

そして水回りやキッチンの汚れに関しても、もし道理にかなった範囲での清掃を行っておらず、結果的に傷みがついてしまった場合は、管理責任に問題があるとして借主の責任となります。このように借主の管理によって原状回復の捉え方が変わってくるのです。

 

原状回復にかかる費用はどれくらい?

もし借主として責任を負わないといけない破損がお部屋に生じている場合、費用はどれくらいになるでしょうか?ケースがそれぞれ異なるので一概には言えませんが、だいたいの相場としては、20万円以下となるケースが全体の90%ほど、5万円以下なら70%ほどという感じです。壁髪の張り替えなど範囲が広いものはやはりそれなりに高い回復費用が予想されます。

 

敷金が支払われている場合、もし原状回復のための費用が借主側に発生したのであればこの敷金が使われます。どれくらいの責任が生じるかについてトラブルが発生することはしばしばなので、管理会社とよくコミュニケーションを取った上で、上記の国交省のガイドラインを参考にしながら費用を計算しましょう。