一人暮らしの引越し体験談2

一人暮らしの引越し体験談2

オプションを付けて引越しをスムーズに!

一人暮らしの引越し体験談2

引越し業者は日本中にたくさんあって、200社以上あります。

 

それぞれ得意分野があったり料金設定も違いますが、搬出や搬入などとは別にオプションサービスを提供しているところがあります。

 

そういうオプションを使うと引越しがより安い料金なものになって負担が減らせることがありますが、実際にそうした引越しのオプションサービスを使った人の体験談を見てみましょう。

 

 引越し体験談:立ち寄りサービスの例

引越し業者の中には「立ち寄りサービス」を提供しているところがあります。立ち寄りサービスとは、文字通り特定の場所を経由してから転居先へ行くサービスです。このサービスのメリットは、一部の荷物を転居先ではないどこかに置いていけることです。実際にこのオプションを付けた人の例を見てみましょう。

 

この人は東京から神奈川へ引越しましたが、フクフク引越センターに申し込んで、値段は約4万円でした。オプションとして立ち寄りサービスを付けたのは、冷蔵庫をある職場へ置いていくためでしたが、車を持っていなかったこともあり、引越しの機会を活用するのがベストだったそうです。

 

一人暮らしとはいえ、引越しする時には不要なものが出てくるのはよくあることです。

 

家具家電付きの賃貸に引っ越す場合などは特に、今持っている所有物が不要になることもあるでしょう。そういう不用品を捨てるのではなく、一時的に保管しておいたり、あるいは知人や家族に譲るという場合、引越しと同時に搬出をすると時間や手間が省けて良いこともあります。

 

 引越し体験談:レディースパックの例

女性の単身での引越しもよくありますが、若い女性だと男性作業員にいろいろ荷物を触られたり、部屋の中に入られたりすることに抵抗を覚えることもあるでしょう。そういう時はレディースパックを使うことができます。女性作業員が基本的に作業をするのでデリケートな品物もある女性の場合は安心感があります。

 

アート引越センターのそのサービスを利用したある女子大生の例を見てみましょう。この人は大学を卒業して実家の群馬県に引っ越すことになりましたが、女性2人が無事に荷物を運んでくれて、サービス内容も希望したようになったそうです。女性の引越しの場合、このように男性にはない需要がありますから、もし男性作業員が気になるという人はこういう引越しオプションを選んでも良いでしょう。