一人暮らしにおすすめの生活

一人暮らしにおすすめの生活

一人暮らしの一般的な生活水準とは?

一人暮らしにおすすめの生活

大学に入ったり、社会人になると一人暮らしをしたいという気持ちが高まるものですが、一人暮らしをすると実家暮らしと比べて何かとお金がかかってしまうものです。

 

今までは発生しなかった家賃や光熱費がありますし、食費も一人分だけ作る分、逆に高くなってしまう可能性があります。

 

一人暮らしをする場合、どんな生活水準がおすすめでしょうか?

 

東京での一人暮らしの場合

誰でも一度は東京で一人暮らしをしてみたいと思うものですが、「SUUMO(不動産情報)」によると首都圏の場合は平均的な家賃相場が約7万円となっています。もし東京の都心ともなるとその値段はさらに1万円以上は上がってしまうでしょう。東京の中でも西部など23区から離れてくると水準は下がってきます。

 

家賃に関しては、目安として収入の3分の1くらいまでにとどめるようにしましょう。できるだけ都心近くに住みたいのは分かりますが、この目安を超えると貯金をするのが難しくなってきます。そうなれば仕事を失った時などすぐに家を出なければいけないので注意が必要です。

 

イメージとしては、新入社員の平均年収が200〜300万円ほどですから手取りが17万円前後というところです。そうなると家賃は5万円ちょっと、光熱費は1万円くらいを目安としておきましょう。もちろんその月の出費はそのときによって違うので柔軟さが必要ですが、だいたいの生活水準イメージはこんな感じです。この場合できれば3万円ほどは貯金として取り分けておきたいところです。

 

生活を簡素にするメリット

家賃を抑えることによって食費にあてるお金が確保できるので、その分野菜やフルーツなどビタミンや鉄分、食物繊維など栄養素の高いものを購入する余裕がより出てきます。また無駄に大きな家に住まないようにすることで自然と置いておく所有物が減り、ミニマリストのように掃除が楽なシンプルなたたずまいになります。

 

また物がないことで気を散らすものがなくなり、精神的にも逆にゆとりができるようになります。というわけで今の家賃や生活水準・生活スタイルを見直して、引越しをするのが得策な場合がありますが、引越し料金もバカにならないということもあるでしょう。そんな時は引越しの一括見積もりをすると便利です。

 

「引越しネット」などのサイトを使えば、複数の会社からより安価な料金のサービスが簡単に見つけられます。ちなみに簡素な生活を目指してたくさんの物を動かさなければ、タクシー1台で引越しするという方法も可能です。

 

家賃を抑え、物を減らした生活水準にすること、そして引越しが必要であれば一括見積もりで安い料金を見つける事、このような工夫で貯蓄や時間的な余裕を確保すると良いでしょう。