引っ越し 安い 時期

引越しが安い曜日や季節はいつ?おすすめの引越し時期 

引っ越しにかかる料金を出来るだけ抑えたいと思う人はきっと多いですよね。

 

漠然と引っ越しが多い時期は高いということを知っている方はいるようですが、それだけではなく季節や曜日によって料金が変動することを知っている方は、より費用を抑えることができます。

引越しが安い月:3月、4月、5月以外

1年の中で引っ越しする人が一番多くなる時期は3月と4月。

 

会社の人事異動や入社、学校への入学等で引っ越しを必要とする人が多いからなのですが、この時期はどこの引っ越し業者も込み合う時期です。このような時期は引っ越し料金が値引きされる可能性が低く、逆に料金が割り増しされる場合もあります。

 

一般的な引っ越し料金よりも3月、4月は距離や荷物量にもよりますが、5万円から10万円も高くなるというケースもあります。そして5月もGW中やそれ以降に引越しをする方もいるので5月も高めになります。

 

安く引越しをする為にはこの時期以外を選ばれる事をおすすめします。

引越しが安い曜日:平日

引っ越しにお勧めの曜日は平日です。土日祝日は、お休みを取得する人が多いので、引っ越しをする人も必然的に多くなっています。

 

多くの引っ越し業者が料金設定を、土日祝日は通常の引っ越し料金の2倍にしています。平日にお休みを取れる場合には、引っ越し日を平日にすることをお勧めします。

引越しが安い日その他:仏滅など

曜日とは異なりますが、カレンダーには六曜というものがあるのを知っていますか。

 

これは大安や仏滅など物事を行う場合に適している日を示しています。結婚式では大安が、葬式では仏滅が選ばれるというのをご存知の方もいるでしょう。

六曜の意味

  • 赤口:何事を行うにも悪い日。正午は吉、朝と夕は凶。
  • 先勝:何事も急ぐ事が吉。午後は凶。
  • 先負:午前は凶。午後は大吉。
  • 大安:引越し、結婚などいろいろな事に吉。
  • 友引:朝晩は吉。正午は凶。
  • 仏滅:全てに凶。

最近は気にする人は少なくなっていますが、引っ越しでもそういった六曜にこだわって日を選択する方もいます。同じ平日でも六曜が示す内容によっては、午前午後など時間でも予約が取りにくい場合もあります。

 

逆に仏滅などを選べば混雑を避けれる事もあるので、料金が抑えられる事があります。あまりこだわらない方であれば六曜で物事を行う場合に適さない日をあえて選ぶのも良いですね。

 

 

1人暮らしの引越しでトラック1台使いました♪

 

1人暮らしの引越し費用が複数見積で2万円以上安くなった!TOPへ>>