一人暮らしの引越し体験談3

一人暮らしの引越し体験談3

引越し中のキズには要注意!

一人暮らしの引越し体験談3

一人暮らしをしていると基本的には荷物が少なめという傾向があります。もちろん物をため込む人は別ですが、人数が少なければそれなりにコンパクトに荷物がまとまるものです。ですが単身パックなどを利用する時に注意したい事があります。それは養生です。養生とは建物や物がキズついてしまうのを防ぐために行うカバリングのことです。

 

柔らかい素材などを使って、仮に引越し中の運び出しものがこすれたりぶつかったりしても保護剤となってくれます。しかし単身パックはもともとシンプルなサービス内容なので、この養生が不要とされることがあります。その場合にもし引越しが無傷で終わらなかった場合は、修理費用の請求など敷金との関係も出てくるので慎重にならないといけません

 

特に一人暮らしであれば小さいアパートに住んでいる可能性もあり、通路も狭い可能性があります。物がぶつかりやすい環境にあれば特にリスクがあるので、養生するかどうかの確認を事前にしておくことが望ましいです。また養生に加えてやはり物の扱いが丁寧かどうかをしっかり口コミなどで確認しておくと良いです。

 

引越し業者の中には、アルバイトや主婦の人などもいて、物の扱いがそれほど丁寧でないケースがあります。どんな人数体制で作業がどんな感じに行われるかを事前に確認しておきましょう。

 

 一人暮らしの引越し体験談 

単身パックで養生をしてもらえた人の体験談を一つ見てみましょう。この人は安さを重要視してある業者に依頼しましたが、結果的に鏡やピアノを破損されるという経験をしました。洗剤をこぼされて水浸しになるということもありました。養生についてはしっかりやってもらったものの、作業員がアルバイトやパートのような人で、雑な扱いをしていてひやひやしていたとのことです。

 

最終的に破損分については現金や別のピアノを用意するなどで示談しましたが、このように安くても作業内容が悪いところが実際の所存在します。安い業者を選びたい気持ちはあるとしても、破損や紛失など引越し業者は総合的な要素で判断しなければなりません。

 

一括見積もりサイトなどで比較検討すると安い業者が見つかりやすいですが、それで業者をしぼりこむと同時に、その会社についての評判がどうか、口コミ情報を念入りに調べることが安心感を持って依頼しやすくなります。場合によっては自分で養生用の安い段ボールを用意するなどして、リスクがありそうな場所をあらかじめ保護しておくのも無傷で引越しを終える方法です。