引越し料金を節約するコツ

引越し料金を節約するコツ

引越しにかかる料金は高い!

引越し料金を節約するコツ

生まれた所から全く離れないという人もいますが、多くの人は人生に1度や2度引越しを経験することがあります。

 

若い人であれば、学校の卒業と社会人デビューのために実家を離れて一人暮らしをするという人が多いですし、どの年代であっても転勤での移動という可能性があります。

 

また連れ添った配偶者がなく子どもも独立しているので、もっとコンパクトな家に移りたいという高齢者も少なくないでしょう。

 

日本は少子高齢化というように、これからますます高齢者の一人暮らしが増えていくことが予想されます。そしてこれに伴って高齢者の単身引越しも増加する可能性があります。

 

いずれにしても引越しする場面と言うのはいろいろありますが、引越しにはかなり料金がかかるという現状があります。引越し料金そのものもそうですが、敷金や礼金なども含めると数十万円かかることもあるため、せめて引越し料金だけは安く済ませたいという人がほとんどでしょう。では節約のためのコツは何でしょうか?

 

節約のためのコツとは?

引越しにも繁忙期というものがあります。繁忙期は3月と4月です。この時期は進学や就職の時期ですから、他の時期よりも引越し料金の設定は高くなります。引越し情報サイトの「引越し侍」によると、繁忙期は安価な時期と比べて通常の50%も料金が高くなる場合があります。

 

ですからどうしてもその時期に引っ越さないといけないという例を除いては、この繁忙期を避けることが節約技の一つのコツとなります。また荷物の量を調整することも役立ちます。当たり前の話ですが、引越し先が遠ければ遠いほど、荷物が多ければ多いほど料金は高く節約しにくくなります。距離に関しては仕方がないにしても、荷物量については融通が効きます。

 

引越しを機に不要なものを処分してしまえば荷物を減らしてその分使うトラックの大きさが小さくなり、作業員の人数も少なくなって節約につながるのです。業者に見積もりをしてもらう時に、実際に所有物を見てもらって、荷物量の変化による料金の変化を提示してもらうと、具体的な数字が分かりやすくていいです。

 

一括見積もりサイトなら簡単に節約可能!

他にもちょっとした工夫で引越し料金を下げることが出来ます。その工夫とは引越しの一括見積もりを依頼することです。「引越しネット」や「引越し侍」といったサイトでは、数ある業者に対してまとめて一気に依頼をかけられるので、出た結果をもとに安い業者を探すのが容易になります。

 

一番安いところが一番良い業者というわけではありませんが、少なくとも候補を絞り込むことができるので便利です。場合によっては2割や3割も費用が違うということもあるので、一度使ってみるのも良い方法です。