引越し後のあいさつ回りの価値

引越し後のあいさつ回りの価値

引越しに欠かせないあいさつ回り

引越し後のあいさつ回りの価値

引越しをする時にまず考えるのは、敷金と原状回復の問題、住民票など役場での手続き、公共料金の手続き、引越し業者の選択、そして新しい住居の選択などでしょう。

 

これらはスムーズな引越しをするために必ず時間をかけて準備しないといけない事柄です。

 

しかしこれらに加えて重要なことがあります。それは「あいさつ回り」です。これを怠ると思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあるので忘れないようにしましょう。ではあいさつ回りに関してどんな点を意識してトラブル回避したら良いでしょうか?

 

あいさつ回りの範囲や注意点

あいさつ回りをどこまでやるべきかに関する絶対的なノルマはありません。とはいえ人としてある程度近所にあいさつをして回るのは大事です。例えば今いる住居のご近所さんに関しては、これまでのお礼をしっかり伝えましょう。一軒家なのかアパートかによって状況は異なりますが、お世話になった人を中心に両隣りの人や対面にいる家などに行っておくと無難です。

 

感謝の気持ちを伝えれば、家が面している場合の何かしらの苦情があっても不要なトラブルを和らげられる可能性があります。一軒家であれば同じ道路上にある人に数件行っておくのも大事なトラブル回避方法です。

 

というのは引越しの日になって業者のトラックが来たり、あるいはその準備期間中にリフォームなどで業者が往来する時に、車の行き来で迷惑がかかることがあるからです。事前にあいさつ回りをしておくことでご近所トラブルが生じにくいでしょう。転居先に関してもあいさつ回りが重要です。

 

アパートであれば両隣りはもちろん、集合住宅で騒音問題などがありますからひとつ上の住居と一つ下の家庭にあいさつしておくと後々のために良いです。一軒家であれば両隣りの2件や道路をはさんだ対面の3件、後ろ側にある1件、そしてその両隣りの2件など、自分の家を中心にした周囲の8件ほどを対象にあいさつしておくと良いです。

 

ちなみに若い女性でこれから一人暮らしをするなど、防犯上あまり顔を出さないほうが無難なケースもあります。都市部などはあまり近所づきあいも多くないケースがあるので、その点を意識して対象範囲を考えましょう。

 

トラックの搬入によって転居先ではなにかとざわついてしまうことが考えられますから、可能なら前日、あるいは準備期間中に一言言っておくとトラブル回避につながります。これから長い付き合いになるかもしれない近所、お隣さんとのコミュニケーションや挨拶は、引越しの前後でしっかり取っておきましょう。