転居先の掃除は早めにしよう

転居先の掃除は早めにしよう

引越しの核は掃除!

転居先の掃除は早めにしよう

転属とか卒業、あるいは高齢者で一人暮らしをしていて安価な家賃のところ移るなど、人生の中で引越しをする機会は何回かあるものですが、引越しとなると一日で全部済ませられるというものではありません。

 

やはり入念な準備があって初めて効率的に引越しができます

 

たかが引越しと思うかもしれませんが、引越しは住まいを変えることで、それに伴ってご近所づきあいや周辺の環境も変わりますから、いろいろな対策も立てながらできるだけスムーズに作業を進めたいところです。

 

そんな引越しにおいて、トラブルを未然に防ぐために重要な点としてあげられるのが転居前の掃除です。

 

現住居の掃除に関しては敷金の問題もありますからしっかりと契約内容を確認して、きれいな状態に戻してから管理者に返却する必要があります。また転居先の掃除も欠かせません。もし住居に問題がある場合でもしっかり掃除をすることでそれに気付きやすくなるからです。ここでは新しい住居のクリーニングに関して注意したいポイントを取り上げます。

 

転居先の掃除はできるだけ早く

転居先のクリーニングは入居する前に行うのが基本です。家具が搬入された後では難しい掃除も、何もない状態であれば順調に行えます。しかし早めの掃除が重要な理由は、単に掃除がしやすいとか、入居した時に気持ちがよいということだけではありません。

 

掃除の中には転居先の状況をチェックすることが含まれます。ちゃんと確認することで、例えば壁やフローリング、水回りの部分に問題がないかを発見しやすいからです。もし仮に問題が見つければ、入居前に不動産屋や管理会社に相談することで、トラブルを防げます。もし入居前からあるトラブルに気付かず、入居していずれそこから出る場合にそのトラブルが指摘されたら面倒ですから、家の掃除を利用して対策を事前に講じられます。

 

またこれから移る場所の周辺が虫の比較的多い場所だった時などは、害虫対策をしっかりできるので効果的です。物があるとどうしてもやりにくくて億劫に感じてしまうとしても、入居前なら効率よく行えます

 

ちなみに掃除を行うためには水が必要になってきますが、掃除の時にちゃんと水が使用できるようになっているために、水道の使用開始日について不動産屋などに相談しておくとスムーズです。こうしたことも踏まえて、新居の掃除計画は十分前もって行いましょう。