引越す時に気を付ける事記事一覧

引っ越しの方法には大きく分けて2つの方法がありますね。1つは引っ越し業者にお願いする方法、そして2つ目がレンタカーを借りて自分で引っ越しする方法です。引っ越しの費用を出来るだけ安く抑えたいという人は多いでしょう。しかし荷物が少ないからレンタカーを借りて、同僚や友人に手伝ってもらったら安く済むかなと安易に考えている人は注意が必要です。それは引っ越し業者を利用した方が、結果的には得をする場合もあるから...

引っ越し業者にお願いするとお金がかかるというイメージから、ある程度の荷物は宅配便で送って引っ越しできないかと考える人もいるようです。確かに荷物が少量で、引っ越し業者にお願いするほどの量でもないなら、宅配便を利用した方が安くなるかもしれませんね。

引っ越しをする時には多くの人がプロである引っ越し業者を利用しようと思うはずです。引っ越し業者には大手や中小業者など様々な業者がありますが、どちらが良いのか、それぞれのメリットについて確認してみましょう。

荷物が少なく引っ越し作業が楽だと思われがちな1人暮らしの引っ越しですが、注意するポイントがあります。これを覚えておかないと後から予想以上に苦労することもあるので、しっかりと確認しておきましょう。1:エレベーターの有無、階段の狭さなど引越し先の状態を把握しておく1人暮らしのマンションやアパートの引っ越しで注意しておきたいポイントの1つに、引っ越し先の状態を把握しておく事があります。例えば引っ越し先に...

引っ越し業者に引っ越しをお願いして悩むのが午前便にするか午後便にするかですよね。ここでは午前便と午後便のメリットとデメリットについてご紹介したいと思います。

引っ越しにかかる料金を出来るだけ抑えたいと思う人はきっと多いですよね。漠然と引っ越しが多い時期は高いということを知っている方はいるようですが、それだけではなく季節や曜日によって料金が変動することを知っている方は、より費用を抑えることができます。

一人暮らしの引っ越しは、家族で引っ越しをするよりも荷物が少ないので手間がかからないと思われがちです。しかし実際には荷造り以外にも色々と手続きや準備が必要なので、引っ越し準備は長ければ長い方が良いと言われています。現在住んでいる大家さんや不動産業者への連絡1か月前までに連絡をするのが普通。契約内容によってはもっと前の事も。引っ越し業者への連絡2週間前までには連絡をしましょう。引越し料金を安くしたい場...

引越しのキャンセル料が発生するか否かは、引っ越し業者と交わした契約内容によります。前日と当日のキャンセルは費用が発生する基本的に引っ越しする日の前々日前までに連絡があればキャンセル料は発生しない取り決めになっています。しかし前日や当日などのキャンセルについては、以下のように定められています。国土交通省により決められた標準引越運送約款引越し前日のキャンセル料→引越し料金の1割以内引越し当日のキャンセ...

引っ越しの時に頭を悩ますのがソファやベットなどの大型家具やパソコンなどの家電製品の処分ですよね。引っ越しを機に新しい家具や家電製品を購入する人も多く、こういった不用品の処分が必要になってきます。

引っ越しの悩み事の1つに、パソコンやテレビなどの精密機械の移動や設置が出来なくて困るというものがあります。特に女性や高齢者は機械が苦手で説明書を見ても、さっぱり分からないという人が多いかと思います。できれば引っ越し当日からパソコンやテレビなどが使える状態にしたいですよね。こうした場合、やはり自力で何とかするしか方法はないのでしょうか。